前へ
次へ

症状によっては鍼灸治療でも健康保険が使える

鍼灸治療というと一般的には健康保険対象外というイメージがありますが、一部は保険適用が可能であり医師の同意診断書があれば治療を受けることが出来ます。対象となるのは、「五十肩」「頚腕症候群」「腰痛症」「神経痛」「リウマチ」「むちうち症」で、医師による治療手段がないものが対象です。注意すべき点は、鍼灸治療中に医師の同意書にある病名・症状で病院や整骨院などで治療を受けないことです。病院や整骨院での治療を同時に受けてしまうと、保険適用がされなくなります。これは診療だけではなく鎮痛剤やシップを処方された場合にも当てはまりますので注意してください。また、健康保険を適用して鍼灸治療を受けるためには、6ヶ月ごとに医師の同意書が必要となります。医師の同意のないまま治療を受けると保険対象外となってしまいます。ただし、鍼灸治療を受けている期間にも検査は受けることが出来ます。検査の必要がある場合は鍼灸院から専門の医師に検査依頼をしてもらいましょう。

Page Top